作業者

安全性や耐震性を平板載荷試験で調べることができます

  1. ホーム
  2. 購入後のトラブルを無くす

購入後のトラブルを無くす

作業者

正常な土地を買う

土地を買うときには、土壌汚染調査を終えているのかをよく確認する必要があります。土地が汚染されていると、施工している工事をストップさせる必要性が出てくるためです。新しい土地で事業を行おうとする人にとって土壌汚染調査はとくに重要だといえます。土壌が汚染されていた場合、汚染の除去作業を行わなくてはいけません。除去作業中は事業行うための工事がストップするため、予定していた事業の開始が大幅に遅れてしまうのです。除去費用も必要となるため、予算がオーバーしてしまうこともあります。事業を始めるためには土壌が汚染されていないことが前提のため、買う前にしっかりと土壌汚染調査が行われ、結果がどうであるかを確認する必要があるのです。

汚染が発覚した場合

買った後に土壌汚染調査をして汚染が発覚した場合は、土地を売った人と法的なやり取りをしなくてはいけません。土地を返還するのかを議論することにもなります。汚染を知らせないまま売った場合は、違法となる可能性が高いため、買ったことをなかったことにすることができます。土地をそのまま使用するのであれば、土壌汚染の除去費用を請求することもできます。土壌汚染の土地を買ってしまい、損害が発生したときは損害賠償を請求できます。土壌汚染を知らされずに買った場合は、買った側が有利な立場に立つことができますが、手続きが面倒なためできるだけトラブルには巻き込まれたくないものです。土壌汚染調査によって汚染が発覚した場合は、しっかりと法的手段を取って泣き寝入りをしないよう気を付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加