作業者

安全性や耐震性を平板載荷試験で調べることができます

  1. ホーム
  2. 地震で家が不等沈下

地震で家が不等沈下

工事

液状化現象の恐怖

大地震が起こると、地面が裂けそこから大量の泥水が噴出すことがあります。このような現象を液状化現象といいます。この現象は土壌の水分量が多い場所で発生しやすく、発生すると地盤が沈下し、建物が傾いたり堤防が崩れたりします。液状化現象の恐ろしいところは、いくら家の耐震性を向上させても地盤が液状化すると盛土が崩れたり建物が不等沈下し、微妙な傾きが生じ人が住めなくなってしまうことです。こうなると、建て直しや区画工事からやり直さなければならないこともあります。しかしながら、現状ではまだ一般世帯での液状化対策は進んでいません。また、液状化対策の必要な地域の宅地開発も進んでおり、早急な対策をしなければなりません。

いったどうすれば良いか

液状化現象はせっかくの耐震化も無駄にしてしまう厄介な現象です。一度発生してしまうと、家が傾き使えなくなる恐れが大きいです。その一方で液状化対策の工事は新築時と後から液状化対策を追加するのとで費用面などに大きな違いが出ます。新築の場合は基礎工事に入る前に、杭を基礎岩盤まで打つなどします。また、土壌の改良を行うこともあります。一方、耐震補強のように後から液状化対策の工事をするというのは大変難しく、費用も高額になります。液状化現象は発生しやすい場所がハッキリしています。そのため、そういった場所に家を建てるときは、家の建設と同時に液状化対策の工事もしてしまいましょう。そうすれば、後から不安に怯えたり、想定外の高い出費を避けることが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加