作業員

安全性や耐震性を平板載荷試験で調べることができます

工事

地震で家が不等沈下

液状化対策は新築時と後から耐震補強の感覚で行うのとで難易度も費用も雲泥の差です。液状化現象は起こりやすい場所と起こりにくい場所があるので、起こりやすい場所に家を建てる場合は、建築工事と一緒に液状化対策もしてしまいましょう。

地盤の支持力を調べる方法

作業員

建物を建てる際は、まず始めに地盤を調査します。計画している建築を実際に建てても大丈夫か、つまり地面が沈んだり、それが基で建物が歪む可能性がないかを調べるのです。地盤調査には様々な方法がありますが、よく知られる調査方法の一つに平板載荷試験があります。平板載荷試験とは、直接地盤に建物と同じ荷重をかけ、地盤の支持力を調べるものです。具体的には、基礎の深さまで穴を掘り、そこに基礎に見立てた載荷板を置き、その板にジャッキで加重をかけて板の沈み具合を測定する方法です。他の調査方法に比べ、地盤の支持力を直接測定することができるというメリットがあります。そのため、平板載荷試験は最もメジャーな調査方法のうちの一つとなっています。

平板載荷試験は重機を持ち込む必要があります。また、作業スペースを広く取る必要があるのでその2点については注意が必要です。隣接する道路が狭くて重機を入れることができない、計画敷地が小さいため作業スペースを確保すると支障が出る、などの事態を招くことがないようにしなければいけません。そして、平板載荷試験の調査範囲は載荷板の大きさの2倍までという点についても注意が必要です。載荷板は30cm以上とされていますので、一番浅い場合で60cmまでの深さまでしか調査することができません。つまりその下の地盤が、平板載荷試験で調査した上の地盤と同じものであるという条件の元で使える調査方法だということです。地盤が同じものであるかどうかは調査すれば分かりますし、調査会社によってはデータとして持っていることもあります。それらを踏まえて平板載荷試験を依頼しましょう。

作業者

購入後のトラブルを無くす

土壌汚染がされた土地を買わないためには、買う前にしっかりと土壌汚染調査が行われたのかを確認することが大事です。買った後に土壌汚染が発覚した場合は、泣き寝入りをしないためにも法的手段を取って、損害分を売った人に保証してもらうように気を付けましょう。

工事現場

住宅を守るポイント

安全に住宅建築を行なうためには、あらかじめ地盤調査を行う必要があります。しかし、住宅メーカーなどの関連会社が調査を行うと信ぴょう性が持てない恐れがあるので、中立的な第三者に調査を依頼することが重要です。そうすることで適切な地盤改良工事を行うことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加